calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

☆twitter☆

”哀しみ”と共に、、、

母と別れて17年経った今だから想い感じること。

 

「亡くなった人と話したい、会いたい」想いの人達と出会い共感し感じること。

 

これは私の長いひとりごと、、、

 

********

 

亡き人を

先立った人を

亡き存在(人、動物)を

想い、思い出し、偲ぶときに深く感じること。

 

「どんなに時間(とき)が経ったとしても寂しさや悲しみは消えないのだと」

 

「どんなに時間(とき)が経ったとしても涙は絶えず流れるのだと」

 

「時間(とき)が経って傷が癒えることはあっても傷がなくなることはないのだと」

 

『後に残る人残された人は”哀しみ”と共にずっと生きていくのだと』

 

深く感じる。

 

これは決して悲観的な想いではなく。

心の底の底には温かく穏やかな光が溢れている想い。

 

 

別れは辛く苦しく哀しく切なく、、、

 

身を引き裂かれ、、、

 

深い後悔や悔しさや罪悪感も生まれ、、、

 

別れの後は、、、

楽しかったこと嬉しかったこと、いろいろなことが今の自分には眩し過ぎて、、、

深い森の中に身を寄せたくなることもある。

 

森林よりももっと深い。

樹々が生い茂るこんもりとした鬱々(うつうつ)とした森に身を寄せ座ってしまうこともある。

 

鬱々とした森のイメージは怖く、絶望的で、後ろ向きで、闇な感じがするかもしれないけれど。

 

でも、私はちょっと違う気がしてる。

 

その森には優しさがあると。

 

ほどよい温かさとほどよい冷たさで全てを包み込んでくれる空気感があると。

眩しさから一時解放される場所なのだと想っている。

 

 

亡き人を心から想うから。

亡き人を心から求めるから。

その森で座ってしまうことも知っている。

 

その森には絶望的な想い、後ろ向きな想い、闇の想いがないとは言えない。

 

でも、、、

さまざまな想いを越えた『愛おしい』という強い想いがその森へ導くことも知っている。

 

だから、、、

時にその森で休むことも大切なのだと今は想う。

 

 

闇の中にある決して消えることのない強く美しい光がそっと寄り添ってくれ、そばにずっといてくれるから。

 

深い森の中には絶えず降り注ぐキラキラ輝く光があるから。

 

 

時にその森で休むことも必要なのだと今は心から感じる。

 

”哀しみ”と共にずっと生きていくために。

 

 

これは私のひとりごと。

長い、長いひとりごと、、、

 

月5.JPG

 

 

 

☆luz de la luna(ラズドラルナ)

○ ホームページ http://luzdelaluna.jp/

○ twitter https://twitter.com/luzdelaluna_a

○ Facebook https://www.facebook.com/luzdelaluna.akie

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 


清潔、、、

清潔感がある人は美しいエネルギーを醸し出している。

清潔は…
清らか、潔さ。


見た目もあるかもしれないけれど…
綺麗さとはまた別の…

 

清潔感がある人は。
清らかで潔い心意気がある人なんだと、ふと思う。



 

 

 


 

 

☆luz de la luna(ラズドラルナ)・明恵
○ ホームページ http://luzdelaluna.jp/
○ twitter https://twitter.com/luzdelaluna_a
○ Facebook https://www.facebook.com/luzdelaluna.akie

JUGEMテーマ:スピリチュアル



時間(とき)の刻み、、、

歳を重ねたからか、、、

昔と同じ時間の流れなのに

最近は時間が経つのが早く感じる


時間(とき)の流れは止められない


だからもう少し時間(とき)の刻みを濃く深くしていきたいと想う


好きなことに全身全霊を込めてみる


食生活を変えたり、軽い運動を始めたり、検査や診断をして身体の声を聞いてみる


本を読んだり、映画を観たり、音楽を聴いたりして五感を刺激して想像の世界へ入ってみる


憧れの地、異国の地に立って軌跡を残してみる


人と会ってたり話したりして人を肌で感じてみる


公園や自然が多いところに行ってボ〜ッと休んで、、、

太陽、緑、水、風や動物、自然界の命に触れて癒しに包まれて身体と心のメインテナンスをしてみる


なんでもいい

無理はしないで

出来ることからやってみようと想う今日この頃、、、


今までやってきている事も少しだけ意識、心持ちを変えてみようと想う今日この頃、、、


時間(とき)は止められないけれど

時間(とき)の刻みのバランスは変えられる


みなさんの今の刻み方はどんな感じですか

バランスを変えるとしたら、どんな方法をとりますか





IMG_3548.jpg


☆luz de la luna(ラズドラルナ)


JUGEMテーマ:スピリチュアル

頑張ろうの想い、、、

みんな頑張り屋さん



頑張り屋さんが「頑張り過ぎないように」とは思ってみても、、、

なかなか出来ないこともある


もともと頑張ろうの想いが宿っているから、、、


「頑張ろう」の想いは自分にとって


血で


エール、原動力で


好奇心、探究心、学びの心で


エネルギー、要素、資質、性質だから、、、


「頑張り過ぎない」ことがなかなか出来ないこともある



頑張り過ぎないとは、、、


気持ちの方向転換、エネルギーの使い方を変える


「頑張らなくてはならない」という気持ちを手放して

「頑張ってみたい」という気持ちを大切にしながら、、、


ペースをゆっくり目にしたり

腹8分目にしたり

俯瞰したり

などを意識すること


伸びしろ、余裕、隙間、間合いなどの『空白の空間』を作ること


意識したり作ったり結果頑張ることになるのだけれど、、、

頑張ってみたい気持ちを大切に出来るから、自分らしく進めると想います




九高

☆luz de la luna(ラズドラルナ)


歳を重ねる、、、

今回のブログは過程、軌跡と感想(感じ想ったこと)なので長い文章となります。
最後までどうかお付き合いくださいませ。

*******************

最近身体に”微妙”な痛みや違和感を感じていました。

痛みは文字通りの身体が感じる痛み。

違和感は、、、
「前(過去)の自分とは違う、前の見た目とは違う」身体の現れ的なもの、と。

「なんだかおかしい」「なぜだかわからないけれど、そう想う」気持ち、感覚的なもの両方です。

正直”微妙”というのがあり、いまいち行動に起こせませんでした。

一心同体。
「『微妙』ということは元気(元の気)ではないんだから」と思い、、、
これを機にいろいろ検査をしてもらう事にしました。


感覚的なものばかりではなく、数値や目に見える形が現れればモヤが晴れて先も見えてきます。


自分が思っていたよりも、、、

身長が高かったり

低血圧だったり

脈拍ゆっくり目だったり


「そうだったんだぁ」と思い込みが溶けていき、、、

なんだか新鮮な気持ちになったし、改めて自分を知る事が出来ました。


診察の結果、、、

「しいて言えば加齢、年、体質ですね」と言われる事が多かった。。。


来年は40代後半に突入。

しょうがない事なのだけれど「加齢、年ですね」に正直凹みました。


「大丈夫みんなが通る道だから」

「無理は辞めて昔より自分を大切にする時期なのですよ。この先の為に」

と諸先輩方、先に道を通った先人の方の言葉で瞬時に引き上げてもらえました。


同じ道を通った人の言葉は深い。。。

そう想えたのも結果が大事ではなかったからです。


ただ1つ、、、

昔からどうも気になっていた違和感が詳細な検査でハッキリして本格的な『治療』への道筋が決まった事がありました。


外科的なもので、、、

「問題はないのだけれど、あなたはまだ40代。これから30〜40年後の事を考えると治療した方がベストだよ」と先生。


「これから」という言葉。

この先の事を考えてベストな方法を取ることに決めました。


とはいえ、これは来年からのお話。

急遽、突然、焦ってではなく『自分のペース』で進められる事なので。

これもまた大事ではなかったから落ち着いて対処出来る事で、こやって書ける事でもあります。


『昔からどうも気になっていた違和感』

この違和感がハッキリするまで3つの病院を巡りました。

近所の診療所(小規模)→中規模な病院→大規模な病院


施設の設備、専門家の在籍などによって結果がハッキリしなかった事もありますが、詳細に自分を知る、掘り下げる流れになりました。


何より先生方の”連携”がスムーズでした。

「では○○先生にお願いしてみよう」次に”託す”場所が迷いなくスムーズで、結果3人目の先生はその分野ではプロフェッショナルな方でした。


とても自然な流れが生まれていました。

水面下の人の繋がり、パイプラインが太く長かった。

初めての経験の私にとってはとても心強かったです。



身体の声に耳を澄ます。

『澄ます』ことは”詳細さを知る”為に現実的な行動を起こすということなのでしょう。

いろいろな検査をしてみたり、いろいろな人の視点から診てもらったりすること。

自分だけではなく他の人の力を借りながら掘り下げる事にエネルギーを向けること。


自分の感覚を大切にする。

『大切にする』ということは違和感を見逃さないこと。

気のせいにせず、ほおっておかないこと。


「なんだかおかしい」
「なぜだかわからないけれど、そう想う」
というような自分の気持ちを優先させつつ、次に行動を起こすこと。

結果は後からわかる。
何もなければ「良かった」ですし、
何かあれば「気づいて良かった」です。

私の場合、、、

行く先々で「よく気づいたね」と言われて、、、

「あ〜、違和感の感覚を気のせいにしなくて良かった」と想いました。

これも後から感じたこと。


「あれ?何だかおかしい」という違和感を気のせいにせず、早めの確認の大切さを改めて認識しました。


そしてまた、結果を詳細にしたい時や明確にしたい時はセカンド、サードオピニオンも大切だと想います。


集中したり俯瞰したりして視点を変える、、、

いろいろな視点から見てみる、、、

他の人の意見を聞いてみる、、、

専門家、プロフェッショナルな人に力を貸してもらう、、、

病気に関わらず、なんでも当てはまりますよね。


原因がハッキリするのは先の未来への想い、気持ちの持ちようが変わります。


例えば運動や身体を鍛えることは昔は『ダイエット』目的だったけれど、今は『体力作り』に気持ちの持ちようが変化しました。


あと、、、

スピリチュアル的な要素で「『足が痛いのは足元の確認をしましょう』のような現れ」と言われることもありますが、、、


このように考えられるのは身体や心にまだ余裕が残っているからで。

「病は気から」と想えることも余力があるからで。。。


痛みや違和感が強かったり、原因や結果がハッキリしない時、不安感があるとき、、、

当たり前ですが身体の調子が思わしくない時には考えられることではないんだと心に染みました。


西洋医学的視点で結果がハッキリしたので、今後は東洋医療(民間治療)、ヒーリングなども取り入れてみようと思っています。



年には勝てないと言うけれど、、、

勝とうと思わず受け入れて

「出来る事はやりながら年と共に過ごしていこう」


一緒に、共に、お互いに、、、


気持ちは若くても身体は正直だし”自然の摂理の流れ”に乗っている。

時間(とき)と共に歳を重ねていこうと思った今日この頃。


みなさんも『気になる』ことがあれば、、、

気のせいにせず、ほおっておかず

自分の感覚を大切にして

早めの確認を



月5.JPG

☆luz de la luna(ラズドラルナ)


心+受+1、、、

 『愛』


心+受+1


何かひとつたして想像して考えると

真実、本質、真意、、、

見えなかったものが見えてきて


お互いの心を受けいれられて

愛に気づけるかもしれない


優しさ

思いやり

労わり

寄り添い

強さ

励まし

導き、、、


言葉

肌触り

匂い

味わい

形、、、


あと1つ

お互いに

あと1つプラスして、、、


心を受け合えば

愛に繋がるのかもしれない


ただ、、、

愛の形は無限だから

愛の捉え方は人それぞれだから

答えがなかなか見つからない 


あと1つがなかなかわからなくて悩む

あと1つがなかなかわからなくて心が動く


「そもそも愛っていったいなんだろう、、、」


愛に関してのテーマが最近の相談で続いている今日この頃


月5.JPG


☆luz de la luna(ラズドラルナ)・明恵

○ ホームページ http://luzdelaluna.jp/

○ twitter https://twitter.com/luzdelaluna_a

○ Facebook https://www.facebook.com/luzdelaluna.akie



想い、思い出し、偲ぶ、、、

亡き人を

先立った人を

亡き存在(人、動物)を

想い、思い出し、偲ぶと流れる涙、、、


寂しさ


哀しみ


後悔


悔しさ


罪悪感


愛おしさ


いろいろな気持ちで流れる涙、、、



そしてまた


お互いに

「やっと”わかりあえた”」

という”和解”から流れる涙もあるんだと


和やかに解かれる涙を

離れていても繋がっているお互いを思いやる心を

深く感じる今日この頃、、、


今日13日は月遅れ盆、迎え火の日


みなさんは

誰を想い

誰を思い出し

誰を偲び


誰と繋がるのだろう


月5.JPG


☆luz de la luna(ラズドラルナ)

○ ホームページ http://luzdelaluna.jp/

○ twitter https://twitter.com/luzdelaluna_a

○ Facebook https://www.facebook.com/luzdelaluna.akie



ちょとひとりごと、、、 〜定義〜

みんな愛されてる。
愛されていない人は、いない。

そう、肌で感じてる。

ただ、、、
目に見える形の愛を求めている人に、
目の前の人だけの愛を求めている人に、

どんなに愛されていると説明してみても、
なかなか伝わらない、、、


音楽を聞いたり、奏でたり、
絵を描いたり、見たり、
映画を観たり、
本を読んだり、

ご飯を食べたり、
お風呂に入ったり、
ベットに横たわったり、

太陽の光を浴びたり、
海の水に触れたり、
樹々のざわめきを聴いたり、
花の匂いを嗅いだり、
動物の命に触れたり、

そんな風にすると、、、


説明がなくても、
形が見えなくても、
言葉がなくても、

心が温まったり、
楽しくなったり、
せつなくなったり、
涙が出たり、
ホッとしたり、

何かしら愛を感じることもあるのに。

愛で心が動くことも、
愛で心が満たされるのこともあるのに。


”人”からの愛はこういう事とは"別"と切り離してしまうようで。
これは愛を感じることではないと想ってしまう。


"人"からの愛になると、
感じる事を忘れてしまって、
目の前に見える証を探し求めて、
愛がポロポロ零れ落ちてしまって、
心が満たされなくなってしまう。

愛の定義は人それぞれだから、
そうなる気持ちもわかる。

ただ、愛の定義を少し広げてみたら、いろんな愛を感じられるのに。
いろんな愛に気づけたら、”人”の愛も感じられるのに。


そんな風に感じる、私のひとりごと。。。。

IMG_3158.JPG


☆luz de la luna(ラズドラルナ)

自分の顔、、、

空と大地
同じ瞬間なのに違う顔を見せる

光あるところには影がある
影あるところには光がある

だから楽しさと喜びがあって
だから哀しさと怒りがあって

どちらが良い悪いはなくて
どちらか一方だけの世界はない

表裏一体の中で自分がどんな顔を見せるかを大切に

IMG_3002.jpg

IMG_3003.jpg

☆luz de la luna(ラズドラルナ)

両方、、、

空が好き

雲が好き


その時、その時で自由に広くありのままの流れを感じるから


大地が好き

影が好き

その時、その時でありのままの根の深さを感じるから


空と大地

両方あるから今を生きている実感がある


両方あるから”生きている”



IMG_3053.jpg


IMG_3151.jpg



☆luz de la luna(ラズドラルナ)

| 1/2PAGES | >>