calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

☆twitter☆

御開扉(ごかいひ)〜目黒不動尊〜

台風などの影響があり11月5日まで御開扉が延長になりました。

次回の御開扉は12年後の2029年になります。

ご興味があればぜひ!!

 

御開扉(ごかいひ)は12年に一度、本殿の御本尊の扉が開きます。

普段は秘仏として公開されていない御本尊を肉眼で拝見することが出来ます。

結縁柱と五色の紐で不動明王様とのご縁を頂けます。

 

*******

(↓↓私は10月29日、予定では最終日となっていた日に行ってきました)

 

目黒不動尊。
酉の年、12年に一度の御開扉(ごかいひ)期間だと昨日(10月28日)の夕方知りました。
御開扉は今日まで。

台風が気になったけれど思い立って午前中行ってきました。
着いた時には優しい小雨でありがたかった。。。。
雨なので人影まばら。
だからこそ、ゆっくりお参り出来ました。

結縁柱と五色の紐が本尊のお不動様と繋がっていてご縁を頂けます。

12年前の御開扉の時は助けて欲しいすがる想いで毎日通っていたのでした。
あの頃は自分に起こる現象や出来事に怯えていて訳がわからず必死だった。。。
思い出して過去が巡りました。

 

今日、手を合わせたら嬉し涙が溢れてきたのでした。
温かいエネルギーで抱きしめてもらった気がして嬉しかった。

 

無心で手を合わせていたら何かがす〜っと抜けて清々しさが溢れてきました。
お不動様の慈悲心で心が洗われたんだと確信しました。

清らかな扉が開いた気がして、、、

「あ〜、清々しい!!」心から声が出ました。

よし、またこれからだ!と心が喜びました。

 

目黒不動尊は私の大好きな場所。

いつも救われる。

いつも力を頂ける。

いつも何かしらの不思議体験をする。

パワースポットです。


手水社の龍が緑のドレスを纏っているようでカッコよく美しかった。
私も日々変化したいと思いました。

大日如来様は雨の中今日もまた微笑んでいらして。。。
周りの樹々、緑に守られてキラキラ輝いていました。
宇宙を感じ、宇宙そのものに見えました。

 


 

 



 

 

 

☆luz de la luna(ラズドラルナ)・明恵
○ ホームページ http://luzdelaluna.jp/
○ twitter https://twitter.com/luzdelaluna_a
○ Facebook https://www.facebook.com/luzdelaluna.akie

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 


別の場所にある可能性、、、

身体のメインテナンスに友人から教えてもらった杉本錬堂さんの著書『のばす、ほぐす、ゆるめる』を参考にしています。

身体の不調や痛みに対しての独自の手当法(マッサージ)がわかりやすく載っています。

 

3ヶ月実際に試してみて身体の変化を実感しています。

なにより”自分で出来る”簡単な手当が嬉しい限りです。

 

本を読んで驚いたのは痛みやコリの根本的な原因が別の場所にあるということ。。。

 

例えば、、

腰の痛みや凝りには太ももの内側をほぐす。

首に痛みや凝りには手首をほぐす。

 

など、実際に感じている痛みの場所ではなく別の場所をほぐすことによって痛みが緩和されていくのです。

 

今までは腰が痛い時は腰に集中して温めたり冷やしたり、揉んだりしていた私にとっては目から鱗。。。

とても不思議でした。

 

そして『全ては繋がっている』ということを実感し考え方が変化した”きっかけ”となり。

悩みや不安、心配事の根本的な原因が実は別にあったりすることを肌で感じていた私にとっては”出会い”の本となりました。

 

例えば、、、

リーディング中、相談者さんからは今現在の恋愛相談を受けているのに幼少期の話になったり、前世/過去世の話になったりすることがあるのです。

 

初めは「恋愛の話をしているのに、どうして明恵さんは昔の話しをするのかな?」のような顔をされるのですが、、、

紐解きを進めていくと「なるほど」「そうだったのか」と気づきの顔に変わり、、、

「なんだか、わかってきた気がします」と顔がふんわり柔らかくほぐれていくのです。

 

中には「もう恋愛の話しは大丈夫です。どうでもよくなってきました(笑」とスッキリした顔になる人もいて驚くこともあります。

 

 

人は悩みが生まれると、その悩みだけに集中してしまい「あれやこれや」と頭をフル回転させてしまいます。

出来る限りのことを試してみたりします。

 

腰に集中して温めたり冷やしたり、揉んだり、検査したり、薬飲んだりと同じように。

考えを変えたり、視点を変えたり、自らを変えたりして頑張ったりします。

 

「あれやこれや」が自分ではわからなくなってリーディングを受けられる方も多いのですが、、、

『方法』を知りたいのに『原因』に気づくことになる不思議な時間となることもあります。

 

本や体験を通して思うこと、、、

『心も一緒』

 

“痛みの根本的な原因は別の場所にある” それと同じように “悩みの根本的な原因は別の場所にある”可能性もあります。

 

全ては繋がっています。

 

“あなた”が取り除きたい悩みの種は別の場所にあるかもしれません。

 

実は悩みの種ではなく”あなた”が変化、進化するためのヒントかもしれません。

 

今試している考え、視点、方法は間違ってはなく、向き合う領域(相手、出来事、時代)が違うだけかもしれません。

 

別の場所の手当てをすると悩みから解放され、新道(真道、神道)が見え、新らしい未来への扉を開けることが出来るかもしれません。

 

 

身体の為に購入した本が私の心を掘り下げ染みていきました。

全ては繋がっていて無駄なことはない。

出会いって不思議です。

 

トータルバランスで捉え考えて、悩みや心の痛みから解放され楽になるお手伝いが出来たらと思う今日この頃です。

 

追伸:誤解のないように。。。

身体の為にいろいろな方法を試してみることがダメと言う意味ではありません。

身体の調子が悪い時はまずは病院で診察、検査をしてください。

 

そしていろいろ試して変化を自ら起こし頑張ることを否定している訳ではありません。

頑張っている姿は必ず誰かが見ていてくれています。

変化を起こそうとしている自分に誇りを持ってください。

 

 

 

 

 

☆luz de la luna(ラズドラルナ)・明恵
○ ホームページ http://luzdelaluna.jp/
○ twitter https://twitter.com/luzdelaluna_a
○ Facebook https://www.facebook.com/luzdelaluna.akie
 

JUGEMテーマ:スピリチュアル


風の声を、、、

皆さま、今年もお世話になりました。
ありがとうございました。

 

2016年は『驚』の風が多かった気がしています。
喜びの驚きばかりなら良いのですが…
怖さ、恐ろしさの驚きも多くありました。

 

テレビやネットのニュースでは「まさか、そんな」の今まででは考えられない様な驚きの情報が日々流れています。

 

驚きの風はまだ吹いたばかりです。

 

2017年、今まで以上に『柔軟性』が必要になると思います。

 

世界が世の中が今までとは違う変化が起き、人の気持ちや行動が二極化に進んでいます。

 

電車や街中、外出すると感じます。

不安、恐れ、怒り、失望、疲れなどのエネルギー空気感がいっぱいです。

 

そんな全体的な空気感だからこそ、安定、喜び、希望、楽しみのエネルギーが目立ってしまう傾向もあるのでしょう。
エネルギーの格差社会のような気がします。

 

このまま二極化していくと気になるのは真ん中やグレーゾーン『柔軟性』が薄れていくことです。

表裏一体が消えてしまうのではないかということです。

 

二極化により「こっちが良い、いやこっちだ、、、」のように結論を急ぎ、言い合いが生まれ争いごとがおこっています。

 

「お互いの意見を照らし合わせて、ベストを探してみませんか」の中間、真ん中、グレーゾーンの声はかき消されてしまっています。

 

二極化してきているこの頃、、、最優先事項は冷静に焦らず”今”を見て知って感じる。

どっちが良い悪いと二極化しようとせず結果はすぐ出さないで一呼吸。

 

まずは風を感じて『じゃあ私(僕)はどうしたいのか、、』の問いかけることを忘れないでください。

 

「まあ、いいかぁ」と力を抜き、場合によっては諦めたり逃げたり離れたりもしていいのです。

諦めること、逃げること、離れることで道が開けることもあります。

 

どっちつかず、八方美人と言われてもいい。

気が変わりやすい、優柔不断と思われようと構わない。

それは柔軟性が発揮されているからと思ってください。

 

他人がどう感じるかではなく、”あなた”がどう感じるかが大切です。

 

風が恐く感じるなら我慢しないで避難する…

気持ち良いと感じるなら思い切り戯れる…

追い風と感じるなら乗ってみる…

 

その時々の気持ちに正直に。

”あなた”の気を心を信じてみてください。

 

”あなた”は風の声を聴ける人です。

 

 

皆さまにとって穏やかで美しい年末年始となりますように。

 

 


 

 

☆luz de la luna(ラズドラルナ)・明恵
○ ホームページ http://luzdelaluna.jp/
○ twitter https://twitter.com/luzdelaluna_a
○ Facebook https://www.facebook.com/luzdelaluna.akie

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル




8月、、、

8月6日 広島

8月9日 長崎

8月15日 終戦

 

生まれ故郷が広島に近いため、小さい頃から何度も広島を訪れて『ドーム』や『資料館』を目の当たりにしました。

 

大人になって長崎に訪れて『資料館』を見てきました。

 

沖縄では『ひめゆりの塔』に行き、『1フィート運動の会』の事務所にお邪魔しました。

 

資料や現場を見て、聞いて、感じて体験はしましたが、私は実際に戦争を経験したわけではないので、にわかに戦争を語ることは出来ません。

 

でも体験者・語りべの方の話しを聞いて、過去の映像を観て真実・事実を知ることは出来ます。

 

 

痛み、苦しみ、悲しみ、恐怖、悲惨さ、無念さ、、、

真実・事実を知ってその時の”想い”を”心の叫び”を想像する事は出来ます。

 

想像してそしてまた考えることも出来ます。

 

 

どうして人は戦うのか。

 

どうして人は争うのか。

 

どうして人は人を傷つけるのか。

 

 

どうしたら戦いがなくなるのか。

 

どうしたら争いがなくなるのか。

 

どうしたら人に優しく出来るのか。

 

 

平和を願う想いと共に想像し考えます。

 

 

同じことを二度と繰り返さない為に。。。。

 

戦争の愚かさと、命の尊さを忘れない為に。。。

 

 

同じ過ちを繰り返してはいけない。

争い、戦いは戦争は絶対にいけない。

 

 

『あとから来る君たちへ』

いま

私たちの平穏な営みは

多くの先人の犠牲の上にある

先人から受け継いだこの国を

あとから来る君たちに託し

ここに伝えたい

 

忘れないで欲しい

多くの尊いいのちのことを

祖国を守るために

地上戦となったこの沖縄の地で

道半ばの戦いに散っていった人たちのことを

忘れないで欲しい

先人たちが何よりも守りたかったのは

いまの私たちの誇りと笑顔だということを

だから泣かないで ここでは笑顔を見せよう

そして私たちは後から来る君たちの誇りと笑顔を守っていこう

 

伝えて欲しい

君たちにこの国が託されたとき

次の世代に

この国がいつまでも

笑顔の絶えない国であるために

 

IMG_5507.JPG

☆luz de la luna(ラズドラルナ)

○ ホームページ http://luzdelaluna.jp/

○ twitter https://twitter.com/luzdelaluna_a

○ Facebook https://www.facebook.com/luzdelaluna.akie

 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 


やり遂げたかったこと、、、

今日は沖縄『慰霊の日』

去年の出来事ですが、忘れない為に再度軌跡を残します。

*********

リチャージの滞在先は沖縄。

7年前に1度訪れたことがあります。

 
今回、沖縄に決めた目的の1つ。

7年前に出来なかったことをやり遂げたい。


それは、、、
ひめゆりの塔にお水をお供えすることでした。

IMG_5515.jpg

 

訪れた23日は、偶然にも沖縄『慰霊の日』でした。

式典の準備の中、お水を供え手を合わせることが出来ました。

 

「お水飲みたかったですよね」

「ごめんなさい。本当にごめんなさい。ありがとうございます。皆さんのお陰で今を生きることが出来ています。」

手を合わせながら咽せるように泣きました。

心の底から涙が溢れてきました。

壕の前で感じる感覚は言葉では言い表せません。

 

朝、ホテルの近くの浜を散歩中ふと目に入った石碑の言葉。

忘れません。

 

 

同じ過ちを繰り返してはいけない。

争い、戦いは戦争は絶対にいけない。

 

 

『あとから来る君たちへ』

いま

私たちの平穏な営みは

多くの先人の犠牲の上にある

先人から受け継いだこの国を

あとから来る君たちに託し

ここに伝えたい

 

忘れないで欲しい

多くの尊いいのちのことを

祖国を守るために

地上戦となったこの沖縄の地で

道半ばの戦いに散っていった人たちのことを

忘れないで欲しい

先人たちが何よりも守りたかったのは

いまの私たちの誇りと笑顔だということを

だから泣かないで ここでは笑顔を見せよう

そして私たちは後から来る君たちの誇りと笑顔を守っていこう

 

伝えて欲しい

君たちにこの国が託されたとき

次の世代に

この国がいつまでも

笑顔の絶えない国であるために

 

IMG_5507.JPG
 

 

☆luz de la luna(ラズドラルナ)

 

 

 


亡くなった人の導き、、、

3月半ば、とても大切な人(身内)が逝ってしまいました。
口数は決して多くはなかったけれど質問に対しては知り得る限りの言葉できちんと話をしてくれ、ユーモアもあり、全てを受け入れてくれる器もあり、、、
私はその人を心から尊敬していました。

「何も出来なくてごめんなさい、ごめんなさい」
枕元で後悔の想いを何度も何度も呟いていたら、、、

「お前はなにも悪くないぞぉ」っと優しい声が聞こえてきました。

あの日から、故人は私にいろいろな想いを話し「伝えてくれるか、頼んだよ」と願いを託してくれました。

『願いを託すこと』これは私への理解と信頼を示してくれている、故人の大きな”思いやり”だと感じました。


今回の経験は私の世界観が一変しました。
正直、今までは身内に対してメッセージを伝える事は苦手だったのです。

私の母方の血筋は霊感、共感性が鋭い人が多く、それゆえに家族・血族間で揉め後も多くて。
身内だからこそでしょう。。。
いつの間にか生きている者同士の激しい感情のやり取りやケンカになり、亡くなった人からのメッセージどころではなくなるのです。

またスピリチャルにどっぷり浸かってしまい現実から遠く離れている親戚もいて、極端な思想ばかりでどう考えてもアンバランスで、周りから煙たがれていました。
スピリチャルを支えにしたり頼りにするというより、本人のワガママな甘えや頑なさばかりが目につきました。

小さな頃からそんな事を肌で感じていたので「出来れば身内にメッセージを伝えることはしたくない」そう思い、身内へのメッセージをなるべく避けていたのでした。

私の母はどちらかというと『真ん中』冷静に一歩引いた感じで”ここぞ”という時に鋭さを発揮して私を驚かせていました。
そんな母が『どっぷり浸かってはダメよ、冷静さを忘れてはダメ』とよく言っていたのですが、今はこの言葉の意味の深さがわかります。

とにかく、苦手意識があった私でしたが今回は流れるようにそのままに身内へメッセージを伝えられたのでした。

故人の思いやりを受け止め、『願いを託す』想いだけに意識が集中していました。
すると「嫌だな〜」とか「揉めたらどうしよう」とか苦手意識的な私の想いが瞬時に消えていたのです。

故人のエネルギーの世界に溶け込んで私自身が消えて道具化している感覚もあったけれど全く怖くありませんでした。
無我夢中と言えばいいでしょうか。

故人の大きな力添えがあり、いつの間にか苦手意識が消えていました。
故人は私の先生となり導きの人、導きの光となってくれました。
故人の言葉1つ1つを受け止めるたびに私の心が成長し広がっていくのでした。

無我夢中、導きの人、成長させてもらっていること。
これは今まで相談に来てくださった方々や友達のリーディングをしているときに既に経験していることでした。
相談者さんに関する亡くなった人、故人の方々の想いやエネルギー、メッセージは相談者さん本人だけではなく、、、
私に対しても思いやりやエール(力添え)を送ってくれているんだと肌で感じていました。

しかし、同じ”人間”ではあるのに「身内」という距離感の近さを避けていた私にとって今回の経験は大きな”きっかけ”となったのでした。

一変する、、、
全てが変わってしまうくらいの総入れ替え的な感覚ではなく、前から感じていた事を深く濃く経験し、過去と今が溶け合い、心をリニューアルするような感覚です。

『1人ではない、1人では成すことが出来ない』 
リーディングの時間は相談者さんとご本人に関わる亡くなった人、魂(前世)の人と私、、、
”みんな”で支え、助け、寄り添い合い、過ごしている時間、“お互い様とお陰様”だということを。

『願いを託す』という想いが私に力をくれて背中を押してくれているんだということを、、、
深く深く心に刻んだ経験となりました。

託すことは任せること。
任せることは自然の流れのままに、そのままに、自由に、ゆだねること。
お互いさまとお陰さま。

他者の願いや託す想いを真正面から受け止め、私が出来ることを精一杯やっていこうと改めて思った出来事となったのでした。





☆luz de la luna(ラズドラルナ)・明恵
○ ホームページ http://luzdelaluna.jp/
○ twitter https://twitter.com/luzdelaluna_a
○ Facebook https://www.facebook.com/luzdelaluna.akie
 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

花の波動、、、

花の波動と出会った、今日この頃のお話です。


思えば昨年は身体や健康について考える1年となりました。


私は 2015年の1月に左足骨軟部腫瘍の手術をしました。

左足の脛の下(内部)に10僂亮鞜腓あり取り出す手術をしたのです。

結果は良性でした。


今まであった塊を取り出したので、当然ですが身体の左右のバランスが崩れました。

バランスが崩れているのに、頭は過去の記憶のまま。。。

無意識にいつも通りに動こうとして「あれ?」「なんで?」と混乱すこともありました。


心と身体がマッチしていない感覚はとても窮屈でした。


足が動くようになって段々と身体が慣れてきた頃、いつの間にか身体を労る気持ちを忘れてしまい、夏頃になると体調不良が現れました。


身体が疲れ、心まで引っ張られそうになって初めて気付いたのです。

「このままではまずい」

「過去に戻るのじゃなくて新たな”自分”にならないと」と。


そこから身体の”今”の状態を知ることから始めました。

気になることがあれば病院へ診察、検査に行きました。

結果、大きな問題は見つからず「疲れ、ストレスでしょう」とのこと。


休息が最優先ですが、どの先生にも言われた「日々の適度な運動」が大切なことを知り秋口にウォーキングを始めました。


未病や体調安定の為に漢方を飲み、身体を労るために整体へ通いました。


身体が徐々に安定してきた昨年の年末。

整体の先生から「お前にはフラワーエッセンスが合うと思うんだけれど試してみるか」と言われました。


フラワーエッセンス。。。

正直全く気になっていなかったのですがピン!ときたので「やってみたい!」と速攻で実行しました。


結果。。。

凄い、楽しい、面白いとワクワクしました。

エッセンスが入った瓶に触れただけで、身体の力が抜けたり、涙がこみ上げてきたり、ピリピリ感が走ったり、、、

色が現れたり匂いを感じたり、、、


感覚が様々に反応したのです。


フラワーエッセンスは”花の波動”。

アロマ(エキス)とは違うので匂いがあったりはしません。


私が試したワイルドフラワーエッセンスは全88種類あるそうです。

オーストラリア製で、エッセンスは切り花ではなく大地に根付いたままの状態で花のエネルギーを取り込んでいるものなので波動も違うとのこと。


花は大好きで色彩、香りで元気になったり癒されたりしていましたが”波動”には意識がいっていませんでした。


新しい経験は私の心をくすぐりました。

感動(感じ、動く)感応(感じ、応じる)したのです。


早速フラワーエッセンスを本格的に取り入れてみることにしました。

オリジナルボトルも作れるようですが、まずは基本の”リラックス”(浄化)から始めてみることにしました。


あれから3週間、、、

蕾からゆっくりゆっくり花開くように、身体も心もゆっくりゆっくり変化しています。

柔らかな気持ちで過ごせていて私にはとても合っているようです。


私の中に私オリジナルの庭が生まれた感じ。

優しい太陽と大地があり私に必要な花が根付き咲き微笑んでいる、、、

そんな感じです。


ちょうど漢方薬も頓服として飲めば良い時期になっていたので、フラワーエッセンスだけで身体と心がどう反応するのかわかりやすかった事もあり私的にはタイミングも良かったです。


整体の先生の一言がなければ、、、今に繋がっていない。

点と点が繋がって私の前へ続く道の要素が変化しました。


一心同体。

身体の視点からは運動、食事、睡眠に気をつけ、メインテナンスで整体に通いながら…

心の視点からはワイルドフラワーエッセンスを取り入れる事を続けてみようと思っています。


未来はどうなるかわからない。

でも”今”を感じ、動いたことは未来へ繋がっている。


感受性、共感性が強い方なら花の”波動”も何かの1つのきっかけになるかもしれませんよ。


* 病院から処方されている薬や漢方とも一緒に取り入れられるそうです。

アルコールが含まれているので体質的に合わない方は要注意ですが、詳しくはホームページで調べたり、アドバイザーの方に聞いたりして判断してみてくださいね。

*ワイルドフラワーエッセンス、ジャナークジャパンで検索を。


IMG_6651.jpg


☆luz de la luna(ラズドラルナ)・明恵
○ ホームページ http://luzdelaluna.jp/

JUGEMテーマ:スピリチュアル

追記、、、〜『憤り』と『祈り』〜

先日、私の心のオーバーフローがありました。

今はとても穏やかです。


経験して乗り越えた後、過去を冷静に振り返り気づくことがあります。

『後からわかること』に繋がることがあります。

そのことをここに追記します。


前回のブログに書いたオーバーフローした理由。。。。

*『転機、、、』http://blog.luzdelaluna.jp/?eid=990

『キャッチ(共感)して最後には神様にリリースをお願いしてきたのですが、知らず知らずに他者の想いや感情を少しずつ少しずつ自分の中に留まらせてしまった』と想っていました。

今は少し違っていたと気づきました。
私の『憤り』が留まってしまっているのもあったと想います。


リーディングには性別、年齢を問わず、いろいろな方々がいらしてくださいます。

その都度、個々のいろいろな悩みや想い、過去の経験を聞き感じ共感します。

そして紐解きを共にしていきます。


中にはドラマや物語のような驚くほどの辛い経験をされている方もいらっしゃいます。

『目を背けたくなる現実』もあります。
そんな現実に共感し、一緒に悩み、辛くなり、相談者さんと涙することもあります。

リーディングが終わり気持ちの切り替えをするのですが、時に残ってしまう”想い”があるのです。


悔しさや不条理さの憤り。

私1人ではどうすることも出来ない憤り。

私には動かせない現実への憤り。


「あんなに頑張っているのAさんがどうしてこんな想いをしなくてはならないんだろう」


「Bさんは悪くないのにどうして小さい頃、あのような辛い経験をしなくてはいけなかったのだろう」


「どうしてCさんは亡くならないといけなかったのだろう」


「なんでDさんはこんな経験しなくちゃいけないの」


「どうしてこんな世の中になってるの」


「どうしてあんな災害や天災、事故が起こってしまったの」


個々へ寄り添った感情もあるし、動かしがたい大きなものへの感情もあります。

そんな感情=憤りが残ってしまっていたのです。



16年前、56歳の母が突然の病で急死した時に感じた憤りに似ています。



亡くなった母はご先祖様を大切にし、特定した宗教は持っていませんでしたが”信仰心”の厚い人でした。
崇め奉るというよりも”自然”と生まれる想いのような当たり前のような佇まいの信仰心でした。


そんな母の背中を見て育ってきました。


「どうしてお母さんがこの病気にかかってしまったの」


「なんで人の為に一生懸命生きてきたお母さんがこんなに早く逝ってしまうの」


「神様、仏様、なんでなの!なんでお母さんなの、こんなのおかしいよ」

神様、仏様に当たり散らしていたあの頃の私でした。


また、病院で精一杯治療をしてくださった先生にさえ「なんで、なんで」と怒りをあらわにしていた、あの頃の私がいました。


運命だったとか、全うな寿命だったとか、カルマとか「この世で全てやり終えた卒業だから」とか。。。

そんな言葉では癒されない、どこにもぶつけようがない怒りでいっぱいでした。


そんな感覚に似ている”憤り”です。


また、災害や天災を目の当たりにして「なんで、どうして」想っても考えてもどうにもならない、どこにもぶつけようがない空虚感にも似ています。



「どうして、、、、」

「なんで、、、、」

悔しさや不条理さの憤り。

私1人ではどうすることも出来ない憤り。

私には動かせない現実への憤り。


これもまた”共感”から生まれる想いなのかもしれません。


過去に戻ることは出来ない、現実の壁。

今出来ることを精一杯やったとしてもちっぽけなことかもしれないという、心哀しさ。

何か私にもっと出来ることはなかったのだろうかという、切れ目ない問いかけと空虚感。


憤りは絶えず消えることはありませんでした。


沖縄に心のメインテナンスに行った後、、、

ふと気になり始めた久高島”の歴史。

再度詳しく知りたくなり、すぐに図書館で本を借りたりネットで映像を観たりしました。


そして感じた気づいたことがありました。

それは『祈り』です。


祭事の現実的な準備など出来る限りの事をした後、みなさん”一心”に祈っていらっしゃしました。
目に見えないもの、声なき声(聲)を信じて身を任せていらっしゃいる佇まいです。
清らかな強いエネルギーに満ち溢れ怖さも感じてしまうくらい。

祈りはまるで神様と”共に”唄を奏でているようで鳥肌が立ちました。



『最後には神様にリリースをお願いしてきた』と想っていた私です。
でも少し違ったようです。
祈り”託していた”のだと想います。


悔しさや不条理さの憤り。

私1人ではどうすることも出来ない憤り。

私には動かせない現実への憤り。


私にはこれ以上どうすることも出来ない憤りをどうにかする、、、

その為には”祈る”しかなかったのです。


リーディングが終わり、ご本人が帰った後、、、

「神様、仏様、○○さんが少しでも楽になれますように」

「神様、仏様、○○さんに笑顔が戻りますように」

「神様、仏様、○○さんに幸せが訪れますように」


無意識に呟き、手を合わせ、神様仏様に託しゆだねていた私がいたのです。


神様仏様に祈ることしか出来なかった。
それなのに心のどこかで「私が祈ったとしてもしょうがないのかも、、、」という疑心が正直あったのでした。
そんな風だったので”一心”のところへ繋がるはずがありません。

そしていつの日からか”祈り”を忘れてしまった私がいました。
現実でいっぱいいっぱいになってしまいました。
だからオーバーフローしてしまったのだと今は感じています。


『これは他者の想いや感情のせいではなく、私の”転機”だと心から感じました』
6月26日のブログに自分で書いています。

この言葉の通りでした。
「他者の方々の想いや感情は」私の転機の為の大きな”きっかけ”となりました。
相談者のみなさんが私の導きの人となって下さったのです。

”祈り”ということの意義を今一度心から感じ、これから先の道へ繋がる”転機”だったのだと、、、今は実感しています。

これから先も”憤り”は生まれると想います。

感情があります、人間ですもの。


だから、、、

今出来る事を集中して(一生懸命、全身全霊、無我夢中)やった後には。


答えや結果を求めることもなく、ただひたすらに。。。。
自然に呼吸をするように。。。
神様と”共に”唄を奏で風にのって遠いところまで響かせるように。。。

『思いのたけを”祈り”にたくし、思いのたけを神様にゆだねる』

このことを忘れずにこれからも私らしく道を歩んでいこうと想います。

『目を閉じて 時と所を忘るれば 神代に近き 聲(こえ)も聞こゆる



みなさんへの感謝を忘れず、みなさんと共に。
悩みの解決法(ヒント)や笑顔になる為の道標を探し、
魂の要素(前世)に気づき今に繋げ、
亡き人の想いを感じ、
心の癒し魂の紐解きをこれからも頑張っていこうと思います。


*気づきを忘れない為にここに軌跡を残します。

IMG_5608.jpg



☆luz de la luna(ラズドラルナ)

○ ホームページ http://luzdelaluna.jp/

○ twitter https://twitter.com/luzdelaluna_a

○ Facebook https://www.facebook.com/luzdelaluna.akie


JUGEMテーマ:スピリチュアル

亡くなった母からの手紙、、、

皆さんは”無性”になにかがしたくなる事ありますか。


*********

数年前の出来事。


ある日突然、、、

”無性”に掃除がしたくなりました。

掃除をしないと気がおさまらない感覚でした。


普段気にならない戸棚、引き出し、押し入れなどゴゾゴゾ掃除していたら、、、

1つの箱に目が留りました。


「なんだろう?」すっかり中身を忘れていた私でした。


箱を開けてみると中には20年以上前の『母からの手紙』が入っていました。

私の母は16年前にむこうの世界へ逝ってしまいました。


美大に通うため地方から東京に出て来た私に、母はよくハガキや手紙を送ってくれていたのです。


あの頃は携帯、パソコン、メールもない時代。

固定電話はありますが、留守電機能でなんとか軌跡を残す時代です。


手紙の内容は「今日は雨でした。そちらはどうですか?」のような何気ない会話です。


たまにびっくり箱のような手紙もあったりしました。


封筒を開けると中には”つくし”が、、、

野原で見つけた”つくし”を便箋に張り「春ですよ〜」と一言書いてあったりして、、、、

おちゃめで優しい母でもありました。


何気ない会話(内容)の手紙でしたが、最後の最後に必ず1行、心にズ〜ンとくる言葉が書いてありました。


「あなたが決めた道を信じてどんどん進みなさい」


「母はどんな事があってもあなたの事を応援しています」


「経験の全てが学びですからね」


「縁を大切に」


「いつも笑顔でね」



今読んでも本当にグッときます。

心の底に愛おしさが込み上げてきて涙がポロポロと溢れてきます。


母からの大きなエールを感じ、深い愛を感じるのです。


「お母さん、昔からあなたは凄いメッセンジャーだわ!」心からそう想います。



”無性”に片付けがしたくなったのは、母の手紙と出会うためだったとわかりました。


”無性”という気持ちは何かしらのサインです。


『部屋の片付けや模様替えがしたくなるのは、自分の居場所を整えたり変えたりする兆候』


自分の居場所というのは家とか仕事場とかそういう場所だけじゃなくて、『心の居場所』もあるんですよね。


心の居場所の変化の時期。

ステージアップの時期。

喜ばしい事なのですが、それと共に『あともうちょっと!』の生みの苦しみの時期でもあります。


人間心にも癖があって、前の癖をスッキリ手放すことが、なかなか出来ないこともあるんですよね。


こういう時期に限ってなぜだかゴタゴタ状態が続いたり、、、

「面倒くさい」みたいな感情が出たり、「わからない」「自信がなくなった」なんて凹む感情がでたり。。。


本当は変化進化出来る自分がいるのに、もと(過去)に戻ろうとする自分がいたり。


でもこれって素晴らしい兆候でもあるんです。

過去を受け入れながらちゃんと未来を向いている証で、乗り越えられる私(俺)がいる証だから。


あの時見つけた母からの手紙は、あの頃の私の心の居場所を変える、あと一押しとして優しく背中を押してくれました。


片付けの時間は、亡くなった母と心が繋がった時間であり、亡くなった母の住んでいる世界と私の住んでいる世界が重なった時間でもありました。



ふと想ったので、母からの手紙の中の1行をここに書いておきます。

みなさんの心の居場所の変化のきっかけになればいいなと願っています。



『これからは必ずピース!ピース!ピース!ですよ。だから頑張れ、頑張れ、頑張れ〜!!』


IMG_4196.jpg


☆luz de la luna(ラズドラルナ)・明恵

○ ホームページ http://luzdelaluna.jp/

○ twitter https://twitter.com/luzdelaluna_a

○ Facebook https://www.facebook.com/luzdelaluna.akie


JUGEMテーマ:スピリチュアル


一心同体、、、

心と身体は一心同体。
心だけ、身体だけ整ったとしてもバランスがなかなか取れない事もあります。

心のチャージと共に身体の検査や調整も行っていました。
沖縄に行く前に血液検査を受けてました。


検査結果はすこぶる良好でした。
全て基準値のほぼ真ん中。

別途検査した女性ホルモンバランスは崩れていました。

「そういう歳になったもんな〜」と想っていたのです。

が、、、、
先生から「手術のストレスだな」と言われて驚きました。


お世話になっている整体の先生は外科医から今に至った方です。

長年の西洋医学を経験した上での東洋医学への道へ進んだ方です。


「全身麻酔、身体にメスを入れる、痛み止めなどの薬は身体に超〜ストレスを与えるんだぞ」
「だから脳が疲れて混乱したんだ」と言われました。


手術や薬を否定している訳ではありません。

”今すぐに”や集中的な処置が必要な時には力を借りなくてはいけませんよね。

それに方法を選ぶのは自分自身。


身体はいつどんな時も頑張ってくれている事を改めて感じた瞬間でした。


いらない物の排除、元気になる為の足の腫瘍の手術、治療だったのです。

将来を見越しての手術、治療だったのです。

だから仕方がないこと。

仕方がないのはやむを得ないと言うより、あの時の”ベスト”だったという意味です。



「元気になる為のストレスかぁ、、、」

”ストレス”って言葉。

人間関係や心に直結させてしまいがちですが、それだけではない事を知りました。


「本当にいつどんな時もみんな頑張っている」言葉の意味が広がり深まりました。

入院中に感じたエネルギーの意味もわかった気がしました。


先生の説明(言葉)で「なるほど」の気づきが生まれて、今まであった違和感と繋がって紐解きが出来て、なんだか心も和みました。

もちろん、その後の正體(整体)で全身をほぐしてもらって身体も和みました。


身体と心は一心同体。

身体が先に整えば心が後からついてくることもあります。

心が先に整えば身体が後からついてくることもあります。

ただ、出来ることなら同時進行で”共に”整えていくこと、『自分を愛でること』が一番なんだとも想います。


休むって心も身体も”共に”なんだな〜。


沖縄で心洗われ、正體(整体)と漢方薬と補足のビタミン剤で身体が整いました。

最近は眠りがとてもとても深くなりました。

夢もキラキラしたものばかりです。

こんな風に体感、実感出来るので益々”心”も穏やかになってきました。


これからも身体を愛でる事を忘れないでいようと感じた出来事でした。


そんな風に感じながらも「そもそも”基本”っていったいなんなのだろう」という疑問も生まれました。

基準値とか、普通はとか、一般的にとか、、、、

私の探究心に1つの種が蒔かれました。

これはまた、次回の気づきのお楽しみにして漂わせてみます。


身体と心は一心同体。


みなさんは最近身体に優しくしていますか。

みなさんの”愛でかた”はどんな方法ですか。


IMG_5592.jpg


☆luz de la luna(ラズドラルナ)



| 1/8PAGES | >>