calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

☆twitter☆

導 ★鬱金色(うこん)

『孤独感から解放され、輪の一員となる時期』

『大きな視点、俯瞰に意識が変化する時期』

 

オススメ

◎先人、先輩の話しを聞く

◎歴史上の人物の本を読む、情報を得る

◎歴史的遺産、遺跡に触れる(画像でも良い)

 

 

あなたは導きの人であり、道を開く人でもあります。

時に誰かの前に立ち、時に後ろ盾になる案内人であり、過去の歴史を事実を後世に伝える語り部のような人であります。

 

「知識も大切。ただ実際に体験をしてみないと真実はわからない」と、心のどこかで思っているタイプだと思います。

 

『導きの人』は誰かの先人であり先輩であり、他者よりも先に経験や体験体感をします。

 

あなたは喜びや楽しみ、感謝と幸せを知っています。

あなたは怒りや哀しみ、慈悲と優しさを知っています。

 

人生、、、

人が生きることの素晴らしさと難しさを、命の尊さと儚さを心根で知っている“あなた”です。

喜怒哀楽に関して豊富な経験を既にしているかもしれません。

 

喜びや楽しみの感覚は心地良いものですが、怒りや哀しみは出来ることなら避けたいものです。

「どうして、こんな経験をしなくてはならないのか」日々悩んだこともあったでしょう。

 

苦しく辛い時、誰かのせい・何かのせいにすれば楽になれることもあります。

誰かのせい・何かのせいにすることは悪いことではありません。

 

 

人生には逃げ道も必要です、楽になる為に避難することも必要です。

自分自身を守る術(すべ)を使う時もあるのは当たり前のことです。

 

でも、誰かのせいにしても結局は回り回って自分に返ってくることを、あなたの心根は知っています。

 

心根に魂に従って、あなたは誰のせいにもしなかった。

 

「怒りや哀しみは、私(僕)のところで終わりにする」

誰かに同じ想いをして欲しくはないという“あなた”の深い優しさと慈悲の心がそうさせたのかもしれません。

 

1人、悩み苦しみながらも乗り越えてきたことが多かったでしょう。

 

怒りや哀しみの経験・道を先人として歩むことは、茨の道を歩むこと。

あなたの心にはいくつもの傷跡が残っていることでしょう。

 

怒りや哀しみの大きな痛みによく耐えてきましたね。

ここまで本当に頑張ってきました。

 

“あなた”はこれから大きな改革の輪の一員となります。

1人ではない、あなたの仲間がいる場所です。

 

「やっと会えた」果てしないように思えた孤独感から解放されるでしょう。

 

怒りや哀しみは時に原動力にもなります。

怒りや哀しみの真の痛みを、また怒哀の使い方を知っている人ばかりです。

 

得意分野は違っても『指導、先導』のテーマを持ちながら前に進んで来た人ばかりです。

 

導く人は相手に寄り添うことが出来る人です。

 

あなたが入った輪には同じ心根や感覚・感性を持つ人ばかりです。

初めて会ったのに、どこか懐かしい感覚があるでしょう。

 

まずは解放感と懐かしさを堪能して休養しましょう。

ただ、、、「休んでください」と言われてもなかなか休めない“あなた”です。

 

出会った仲間と近況報告や情報交換をしていると自然と疲れが抜けていくでしょう。

 

また、解放ともに閃きやアイデアが生まれ活力が湧いてくるでしょう。

いつの間にか“あなた”の心は癒され、生き生きしていることでしょう。

 

これから先、輪の一員として進んでいくのです。

足並み揃えるためにも身体の疲れを取ることも忘れずに。

 

 

変化が激しい世の中では、誰かの『しるべ』が救いになります。

先人が歩いた軌跡は誰かの『みちしるべ』になります。

 

これから先の未来では、“あなた”は先人として堂々と歩んでいくことになるでしょう。

 

 

導 色.jpg

 

”タイトル”はキーワードでもあります。

 

”画像の色やマーク”そこから感じるイメージなどは

キーポイント、ラッキーカラー、モチーフでもあります

 

あなたの自由にいろいろイメージしてみてください。

 

形、色、音、匂い、肌触り、、、

思い出、人、年代、月日、、、

ふとイメージした事、人、時期などが

今のあなたへのヒントになるかもしれません。

 

☆luz de la luna(ラズドラルナ)・明恵

○ ホームページ http://luzdelaluna.jp/

○ twitter https://twitter.com/luzdelaluna_a

○ Facebook https://www.facebook.com/luzdelaluna.akie

 

Copyright © 2010-2020 luz de la luna All rights reserved.