calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

☆twitter☆

ガイドさん達との会話 2

リーディングって何?どんな感じ?というお問い合わせの声があるので、アップしてみました。

ご参考になれば。。。

***********
前回のつづき。。。

最初のビジョン、、

広い野原に男の人(フランス系)が立っていました。
男の人の目の前には眩しいくらいに輝いた黄金色の稲穂畑が広がっています。
どこまでも、どこまでも、ずっと先まで広がっています。
夕日の光が稲穂に降り注ぎ、そこにゆったりとした風が吹いて稲穂が揺れ、稲穂からキラキラした光が生まれ、その光が反射して、男の人の顔をキラキラと照らしていました。

ここにいろいろなメッセージが集約され濃縮されているのです。

では、前回の『ガイドさん達との会話 1』の続きのメッセージの事例を書いていきますね。

尚、下記の会話で『』の後の「 」内の言葉はガイドさんの言葉を伝えています。
私自身の考えや想いで言っている訳ではありません。


『最初にお伝えしたビジョンの中にご自身で気づかれた、故郷や原点に戻るなどもありますが、もう少し違った視点からのメッセージもあるようですよ』私からAさんに伝えて、私は通訳に戻りました。


Aさん「それはどんなことですか?」

「故郷に戻られて、お墓参りする事は素晴らしいことです。ただ、実際にはお金や時間の問題で戻れないこともあります」

Aさん「その通りです」

「そんな時は、どうすればいいのかわかりますか」


「実際に行けなくても、故人の事、例えばおじい様の事を思い出したり、考えたりするだけでも、おじい様に会っていると同じ事になるとは思えませんか。お墓の前か自分の部屋かの違いだけとは思えませんか」

Aさん「なるほど〜」


「故郷に戻れば、生まれた土地のエネルギーが貴方の身体や心の中に充電され、貴方の癒しになり、活力になることもあります」

Aさん「そうなんですね」

「こちらも実際には戻れないこともある」

Aさん「そうです。そういう時はどうすればいいのでしょう」


「例えば売っている故郷の産地の物を食べたり、故郷の唄を聞いたり歌ったり、『故郷』を思い出したりしても同じ事になるとは想えませんか」

Aさん「なるほど〜」


「ここまでの話し、、貴方はそれを無意識に感じて、ちゃんと実践しているのですが。わかりますか」

Aさん「えっ?実践したつもりはないな〜」

「貴方は最近、お酒を酌み交わした仲間がいるはずですよ」


しばらくAさんは考えていましたが、急に目が輝きました。

Aさん「そうだ、そうだ!2週間前くらいに後輩と入ったお店に地元のお酒があって一緒に飲みました。そして、故郷の話しになって、農家の話しになって、じいちゃんの話しになって。そうでした!」

「思い出しましたね。貴方の心はきちんと気づいていて動いていたのです」

Aさん「なるほど〜。そうだったのか〜」

Aさんの顔は喜びで満ち溢れていました。



「では、ここから本題に入りましょう」

Aさん「まだ、本題に入ってなかったのですか。(笑)」

ここからAさんの悩みごとについての紐解きが始まりました。


『1番初めにお伝えしたビジョンを今一度イメージしてみてください』Aさんに伝え、私はまた通訳に戻りました。


「今、貴方の目の前にはたわわに実った稲穂畑があります。稲穂をよく見てください。1粒は小さくともいろいろな粒が集まり、稲穂となるのです。そして、この様なたわわな稲穂になるまでにはいろいろな局面にその都度対応し、乗り越え、そして何より諦めず手入れを続けたからこその結果です」

「これは貴方の人生と同じではありまえんか。貴方は小さな事にもコツコツと取り組み、問題が発生してもその都度、貴方が持っている力の限り対応し、1つ、また1つと乗り越え、諦めず続けてきた人です」

Aさん「そうですかね、、」
自信がなさそうな声でした。

「種を蒔き育て実になるまでには、本当に思うようには進まない。自然相手ですから。穏やかな日もあれば、強い風が吹く日もあり、長雨が続く時期もあり、太陽が照り続く干ばつな時期もあります。手間ひまかける事、忍耐と努力が必要です」

Aさん「じいちゃんもよく言っていました」

「貴方の人生もいろいろな時期があったでしょう。穏やかな日ばかりではなかった。でも貴方は乗り越えた。貴方は手間を惜しまない、努力と忍耐が出来る人ですよ」


Aさん「そうですかね、、、自分ではそう想えないのだけど。まだ努力が足りないような気がして」

「そんな事はありません。だって今貴方の目の前にはたわわに実った黄金に輝いた稲穂があるではありませんか。その稲穂は貴方の努力の結果です」

Aさん「自分には黄金はあんまり手に入ってない気がするな〜(笑」


「黄金に輝いた稲穂はお金、地位、名誉と解釈しないでください。もっと他にもありますよ。貴方の人柄でもあり、持っている能力であります。それが『人との縁』という黄金で現れていますよ。実際に家族、友人、一緒に働いている仲間、、貴方のまわりには素晴らしい黄金が輝いているではありませんか」

Aさん「そうか、そうでした」

「そうです。まわりあってこその貴方です。そして貴方の人柄あってこそのまわりです。ここまでくるには沢山の経験が必要だったことでしょう。。。ちなみに先ほど貴方がイメージしていた黄金は後からついてくるものですよ」

Aさん「そうでした、、、」


「黄金を喜び、黄金に感謝して、黄金を受け取りなさい。自分自身を褒めて認めてあげなさい。貴方自身の自信へと繋がるのですから。そしてまた黄金をこれから次へとどう繋げていくか、貴方自身が考えるのですよ」

Aさん「感謝して、そしてまた繋げるか〜」


「そして、もう1つ。稲穂畑を実際の仕事に当てはめてみてください。稲穂が実って終わりではありませんよね。これはまだ途中の段階。最終段階には刈り取りが待っています。そして刈り方もいろいろな手段があります」

「貴方1人で刈るのか。この場合の1人とは今の体制だと考えてくださいね。それとも新しい道具や機械を導入して刈るのか、他の新しい誰かに手伝ってもらって刈るのか。貴方が決めるのです」

Aさん「そうか、なるほど。ちょっと考えが固まってたな〜。1つの手段だけではなかった。機械の導入や新しい人を雇う選択肢もあるか〜」


「今現在の状況に合わせて、最良の方法を貴方が決めるのです。その為にも貴方がさっき自分で言っていた『ゆっくり景色を眺めて広く物事を見てみる』ことも必要なのではありませんか。貴方は気づいていた。ただ、実行していなかっただけです」

Aさん「ほんとうにそうですね」


「農夫の魂を持っている貴方です。太陽の光や風を読む、雲行きを伺える、状況判断が出来るはずですよ」

Aさん「じいちゃんみたいだ(笑」



「稲穂に意識を向けてください。稲穂を仕事の内容だと考えてみてください。刈り取った稲穂の使用方法は1つだけではありませんよ。そのまま炊いて食べる事も出来ますし、粉にして食べることも出来る。その粉からまた他の物を生み出すことも出来る。発酵させて飲み物にも出来るのです」

Aさん「後輩と飲んだお酒のように、、ですね(笑」

「そうです。創意工夫によっていろいろな物に生まれ変わり、それをいろいろな方に提供出来るのですよ」

Aさん「創意工夫か〜。今のプロジェクトの内容をもう少し練り直してみます」

Aさんとの紐解きはまだまだ続きました。



Aさんのリーディングも終わりに近づいた頃、、、、


Aさん「今日の事をもう一度思い返して、また頑張ってみます」

Aさんの目にはやる気やワクワク感が見えました。


「貴方の今の心を忘れず、1つ1つまた努力していけば、貴方の目の前の稲穂畑はまた大きくなり広がっていくでしょう。楽しみにしてくださいね」

Aさん「はい!頑張ります」

Aさんのエネルギーが変化していました。
Aさんの顔は穏やかにキラキラに輝いていました。

夕日の光が稲穂に降り注ぎ、そこにゆったりとした風が吹いて稲穂が揺れ、稲穂からキラキラした光が生まれ、その光が反射して、男の人の顔をキラキラと照らしていました。
まるでビジョンのように。。。。。



Aさん「正直初めは前世が『農夫』だと言う事に関してピンとこなかったんですけど、今は『農夫』で良かったと思います」

Aさんは誇らしく言っていました。


「農夫で良かった」との言葉を聞いた時、Aさんとガイドさんが一体化、融合した瞬間を感じ、私の心が感動するのでした。



男の人の目の前には眩しいくらいに輝いた黄金色の稲穂畑が広がっています。
どこまでも、どこまでも、ずっと先まで広がっています。

このビジョンは約束されたものではないけれど、Aさんのこれからの可能性であり、Aさんに対してのガイドさんからのエールだと想いました。



Aさんのガイドさんからのメッセージはもっと他に詳細に具体的にありました。
もっとプライベートな深い所へのメッセージもあったりします。

今回書いた内容は、何かしら皆さんにも置き換えられる『きっかけ』になりそうなメッセージ、みさなんとシェア出来そうなメッセージを抜粋しています。


抽象的でわかりにくい表現もあるかもしれませんが、その表現方法がAさんにとっては気づけるメッセージでもあるのです。
ガイドさん達は本人が1番気づきやすい方法や表現でメッセージを伝えてくるからです。

私はあくまでも通訳者、紐解きのナビゲーターの立場なので、私がわからない事や解釈が出来ないことも、沢山あります。
それは解釈が必要ないから、、、

ただ、私にとっても学びになること、考えさせられること、気づきのきっかけになること、感動することは沢山あります。
相談者の人と同じです。

この辺の事はまた次回に書いていきたいと想っています。


一旦足を止めて原点(初心)に戻り、過去を振り返り、今の自分の足元を確認してみたり。
視点を広げて第三者の目になって見て考え、今に持ってきて状況判断したり。
1つにこだわらず、選択網を少し広げてみたり。
自分を褒めてあげたり。
子供の頃の夢を思い出したり。
自分のルーツを思い出したり。
まわりへの感謝の気持ちを思い出したり。
、、、、、、、

そんな風に気持ちを変化させてみれば、Aさんのように、私やみなさんの目の前にも眩しいくらいに輝いた黄金色の稲穂畑が広がっていき、キラキラ輝けるかもしれませんよ。

月5.JPG


☆luz de la luna(ラズドラルナ)・明恵